糖尿病参考補助食品


食後の高血糖を改善するギムネマや桑の葉、ニガウリ、マイタケなどが有効のようです。

アガリクス、オリーブリーフ、食物繊維、霊芝も血糖値の上昇を抑えるようです。

血糖値のほか中性脂肪値を低下させるアロエ、悪玉コレステロールのLDLの酸化を予防するコエンザイムQ10、運動と併用することで脂肪を分解させて、エネルギー代謝を活発にするカルニチンもおすすめです。

なお、サプリメントは予防・改善のために補助的に利用することとし、糖尿病の治療は医療機関で行って下さい。

なぜか、70種類含有の植物性ミネラルを摂ると不思議ですね。
目からうろこ

薬物療法には

主な薬物療法は、血糖を下げるための血糖降下薬という飲み薬と、インスリンがほとんど分泌されない人や不足の人のためのインスリン注射です。

薬物療法が必要になるのは、まず、1型糖尿病の人。
1型だと、体内でインスリンを作れないから、必ずインスリン注射が必要になる。

それ以外の型でも、食事療法や運動療法を続けても効果が現れない場合薬物療法を行ないます。
どちらもお医者さんに相談せず、勝手にやめたり、多く使ってはいけません。
お薬を飲み始めて調子が悪くなったら、必ずお医者さんに相談するようにして下さいね。

糖尿病を防ぐ運動とは


糖尿病を防ぐには、無理のない、適度な運動も必要なんですね。

運動をしないと筋肉はやせて、体重が少なくても脂肪の多いからだになってしまう。

これを「かくれ肥満」というのです。
かくれ肥満になると、基礎代謝が減ってしまうのですよ。

基礎代謝っていうのは、何もしないときでもからだが必要とするエネルギー量のこと。

かくれ肥満だと同じ身長・体重の人が同じ分量の食事をとっても、使うエネルギー量が少ないから、脂肪になる分量が多くなってしまうのですね。

運動をすることでからだについた中性脂肪を減らしたり、筋肉をつけて基礎代謝の多いからだを作ることが大切です。

病気を防ぐ運動には、からだがきついと感じるほどの運動は必要ないんですね。

運動の工夫には
●外出するとき、少しだけ早めに歩くようにしましょう。
●遠回りして歩く距離を増やすようにしましょう。
●買い物は歩いて、買いだめをせずこまめに行くようにしましょう。
●3階までなら階段を使いましょう。
●1日1万歩を目標に歩きましょう。
●週に1度くらいは、隣の駅まで歩いてみるのもいいですね。
●周囲の風景などを楽しみ、観察しながら歩くようにしてみましょう。
●テレビを見ながら、ストレッチをしましょう。
●泳げなくても、水中歩行しましょう。


運動療法のポイント
●ひとりでできる運動を選び、毎日同じだけ行うことが大事です。
毎日のことなので、場所を選ばず、いつでもどこでもできる運動を選びましょう。もし毎日が無理でも、2日に1日は行いましょう。

●運動は1日30分が目安にして、朝晩2回に分けてもかまいません。
運動を行うときは、ゆっくりスピードを上げて(ウォームアップ)、終了時はゆっくりスピードを下げていきます(クールダウン)。
ウォーキングにする場合、1回15分〜20分を目安にして、1日1万歩を目安にしてみましょう。

●運動の強さは、きつすぎず、楽すぎず ですよ!
「少し汗ばみ、隣の人とラクに会話ができる程度」が運動の強さの目安です。運動の後、とても疲れてしまうようなら、セーブしましょうね。

●食後1〜2時間後に行うようにしましょう。
こうすると、食後の血糖上昇が抑えられます。

●運動習慣を身につけるためと、運動によって体調が悪くなることを防ぐために、最初は日誌をつけましょう。

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法で大切なのは、標準体重や運動量に合わせて、まず適正エネルギーを算出し、それをもとに食べ過ぎないように気をつけます。

糖尿病の人は食べすぎの傾向がありますので、適正な食事量というと減食傾向になる場合がほとんどですね。

摂取エネルギーを減らし、標準体重に近づけるだけで病状は軽くなるようですね。

毎日食べるものがどのくらいのエネルギーなのかを知り、食品を選ぶときや食べるときの参考にしましょう。

適正エネルギーの算出方法とは
標準体重(kg)=身長(m)の2乗 X 22(日本肥満学会による)
1日に必要なエネルギー量=仕事別消費カロリー(kcal) X 標準体重(kg)
(体重1kgあたりの仕事別消費カロリーは、
軽労働者(事務職、主婦)は25〜30kcal,
中労働者(製造・販売業、自営業の主婦など)は30〜35kcal,
重労働者(農・漁業、建築業など)は35kcal, 
として計算します。


糖尿病の食事療法には

@食べて良いもの、わるいもの
食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とするすべての栄養素をとるように工夫します。
バランスのとれた食事になるので、家族と一緒に食べられます。

A1日3回バランスよく食べる
食事は規則正しく3回に分けて摂り、しかも1回ごとの内容のバランスがとれるようにします。

朝食を抜いたり、食事時間が不規則だったり、寝る前3時間の間に食べるのはよくありません。

1日の総エネルギーは変わらなくても、2回の食事で、まとめて食べるといったやり方もよくありません。

さらに、食間を6時間以上あけないこと。食事の間隔は5〜6時間とし、ほぼ均等に3回に分けて食べることが、インスリンの分泌が少なくすみ、すい臓に負担のかからない食べ方です。

ゆっくりよくかんで、一家団らん、会話を楽しみながら、時間をかけて食べましょう。

B食物繊維をたっぷりとる
野菜をたくさん摂ることも食事療法を成功させるコツですね。
野菜に含まれる食物繊維は、肥満を防ぐ働きをします。

健康日本21では、国民の健康づくりのために野菜を1日に350g(写真参照)以上とり、このうち緑黄色野菜を120g以上とることを目標としています。

特にごぼう、人参などの根野菜やブロッコリー、海草など食物繊維の多いものは、胃から腸への食物の移動がゆっくりになり、食後の高血糖を抑える効果がありますよ。

野菜はたっぷり食べても食べすぎの心配はまずありません。
食事療法を始めて一番つらいのは食のボリュームがないので、ごはんやパンの穀類を食べる前に野菜を食べると、食事の全体量が少なくても、満腹感が味わえますよ

甘いものや脂っぽいものは太りやすい食品です。食べ過ぎに気をつけましょう。

大勢で大皿から食べると、どのくらい食べたかわかりづらいため、たくさん食べてしまいがちですから、一人分ずつ、取り分けて食べましょうね。

濃い味のおかずはごはんをたくさん食べてしまいがちです。
素材の味をいかした薄味料理にしましょう。

テレビを見ながら、新聞を読みながらといったながら食いも、食べた量がわかりづらいもの。

またよく味わえないため、満足感もありませんから、ながら食いはやめましょうね。

食事量が多いと感じたときは、無理せずに残しましょう。
お茶碗を小さくすると、1膳の量が少なくなるため、食べ過ぎを防ぐことが出来ますので、お茶碗は小ぶりのものを使用しましょう。
ドレッシングやマヨネーズは、油が多く、太りやすい食品。
お醤油などの塩分は、高血圧の原因になり、糖尿病を悪化させます。
直接料理にかけず、小皿にとってつけましょう。

糖尿病の対策


糖尿病の対策・治療とは早いうちには、食事療法と運動療法です。
進行したら薬物療法が必要になります。

食事療法や運動療法を欠かさず、できるだけ正常値に近い血糖値を維持していくことが療の中心になります。

つまり、治療の目的は生涯にわたってコントロールすることです。
食事療法と運動療法を併用して、より効果的な治療をめざしましょう。

糖尿病とは

糖尿病とはホルモンの一種、インスリンというホルモンの働きが不十分なために、諸々の障害が起きてくる病気ですね。

糖尿病は食物を摂取すると、血液中の血糖値が高くなりますが、すい臓から分泌されるインスリンの働きにより、その血糖値が調節されます。

しかし、インスリンが不足したり、体の組織とうまく反応しなかったり、すると血糖は使われないため血糖が調整されず、血糖値が高くなります。

その結果として、エネルギーとして十分に利用されず、血液中で余るようになったブドウ糖は尿に出るようになるのです。

高血糖が続くと血管に障害を起こすことになり。
ゆえに、血糖値を高いまま放置しておくと、腎不全、視力障害、神経障害、などの合併症が起こってきます。

インスリンとは
膵臓でつくられるインスリンというホルモンのことです。
インスリンは、からだの中で、血糖やグリコーゲン、脂肪をエネルギーとして利用するために働いています。

糖尿病には遺伝が大きくからんでいると言われております。
糖尿病にかかりやすい生まれつき体質があり、これが遺伝していくのです。

しかし、遺伝因子は水面下に深く隠れていて、それだけでは発病しません。食べすぎと運動不足がもたらす肥満、ストレスなどの誘因が加わったとき、糖尿病は水面上に姿をあらわします。

糖尿病の種類

糖尿病1型
ウイルス感染や異常な免疫反応が原因でインスリンを作る、膵臓のβ細胞細胞がこわれ、からだの中のインスリンの分泌が不足して発症するる糖尿病です。

(子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれてました。)

糖尿病2型
糖尿病の95%以上はわが国のタイプです。
遺伝的要素にカロリーの過剰摂取や運動不足、ストレスなどの生活習慣が加わって発症するとみられています。
「生活習慣病」の一つですね。

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、インスリンの働きが悪いゆえに、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなるために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがあります。

生活の欧米化で、増えている病気です。
高血圧や高脂血症といったほかの生活習慣病があると、そちらの病気もひどくなりますので要注意ですね。


遺伝子の異常やほかの病気が原因となる糖尿病
感染症、免疫の異常、遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるものです。薬剤が原因となる場合もあります。

妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもあります。

糖尿病を放置しておくと3代合併症の危険がある糖尿病網膜症、糖尿病腎症、尿病神経障害、を3大合併症と呼びます。糖尿病に特有で、血糖コントロールをしないで放置していると、糖尿病発症時から10〜15年でこれらの3大合併症が出てきます。

糖尿病網膜症
糖尿病網膜症は、網膜の血管が悪くなり、視力が弱くなります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、じょじょにおしっこが作れなくなります。

ゆえに人工透析といって、機械で血液の不要な成分をろ過して、機械でおしっこを作らなければならないのですね。

糖尿病腎症は病院などで人工透析を週に2〜3回、受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼしますね。
現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

糖尿病神経障害
糖尿病神経障害は、合併症の中で最も早く出てくるのがこの病いです。
糖尿病神経障害は、末梢神経障害の手や足の症状の出かたはさまざまで、手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどです。

そのほか筋力の低下や胃腸の不調、筋肉の萎縮、発汗異常、立ちくらみ、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れるようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。