がん・対策と改善カテゴリの記事一覧

がんの対策、改善

がんの対策、改善

がんを発生させる元凶が活性酸素で細胞の遺伝子を傷つけるのです。
活性酸素は体内で脂質と結びつくと過酸化脂質になり、活性酸素と同じように遺伝子を傷つけます。

これら活性酸素や過酸化脂質を消去させる働き、つまり抗酸化作用のある物質は代表的なものがビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、などですが、

植物には抗酸化作用のある物質がさまざま含まれており、それを総称してファイトケミカル食品(活性酸素消去食品)といいます。

がんの予防にはファイトケミカル(活性酸素消去食品)を多く摂取することが非常に重要です。

活性酸素消去食品とは、

緑黄色野菜や果物です。屋外で生活する植物は、活性酸素を大量に発生させる紫外線の脅威にさらされる為、自らの身を守る為、活性酸素を消去する物質を多く備えるようになりました。
(カロチン、ポリフェノール、ヴィタミンE等その能力にも強弱があります。)

サプリメントでは、ガン細胞の活性化を防ぐアガリクスやエノキタケ、サメ軟骨、メシマコブ、抗酸化作用が認められているカテキン、プロポリスなどが有効とか。

ガンに対する免疫力を高めるマイタケ、霊芝、ダメージを与えられた肝臓に働きかける卵黄コリン、セサミン、抗酸化ビタミンといわれるビタミンAもおすすめです。
他にビタミンC,E、食物繊維、乳酸菌も効果的とか。


最も重要なのが、

セレニウムの驚くべき抗酸化力、ガンを抑制する効果があるほかに免疫力を高め、有害な重金属である水銀、鉛、カドミウムなどは、体内でセレニウムと結合して無毒化する働きがある。

ビタミンEも、抗酸化力が最も強いもとして認められていましたが、この実験の結果無機のセレニウムで、合成ビタミンEの735倍もの抗酸化力、抗ガン作用があることが発見されました。
これを天然のアルファー型ビタミンEで比較しても、その力は493倍にもなります。

要するに、
60種類以上のミネラルの相乗効果(70種類含有植物性コロイドミネラル)とセレニウムを摂取すれば効果抜群といわれております。→最大の難病ガンについて

がんが増えている

がんは、1981年以来、日本人の脂肪原因の第一位です。
がんによる死亡は、亡くなる人の4人に1人、しかも40〜60代の働き盛りの人が多く、家庭的にも社会的にも、大きな損失になっています。

がんは依然として増加し続けており、特に肺がん、大腸がん、肝がん、乳がんは顕著です。

がんの治療については、肺がん、すい臓がんの治療成績がよくありません。これら難治性のがんも増加しています。


がんはどのようにして発生するの?

細胞分裂するときに、遺伝子DNAはコピーされて、新しい細胞が生まれます。
この遺伝子DNAになんらかの要因で傷がつくと、変異細胞が生じて、その変異細胞だけが周囲の細胞と無関係に増殖を繰り返すようになります。
この状態が、がんです。

がん細胞は、その原因が本人の細胞の一部なので、予防や治療が難しいのですね。

発がん物質は、食物や呼吸、皮膚などからを介して体内に侵入し、体内で合成される場合も考えられます。
また、紫外線や、X線のような放射線からも変異細胞が生じて、がん細胞の発生原因にもなります。


がんの原因

がんの原因は、現在では、遺伝的要因が2割、外的要因が8割といわれています。
外的要因の食生活によって各種有害物質の影響が強くなってきたことが、がんの増加に深くかかわっていると考えられています。

動物性脂質の摂りすぎといわれておりますが、

●「ガンは脂肪摂取量と関係あるから減らした方がいい?」
これは全くの間違いです。アメリカの看護婦9万人を対象に脂肪の摂取量を増やす実験をした結果、脂肪摂取量とガンは全く関係ないということが明らかになりました。

●「お肉などの焦げはガンをもたらす!」
これは本当のようです。
焦げからくる成分がガンの発生率を462%増やすというデータが出ています。

●「セレニウムが少ない地域ほど平均寿命が短い」というデータが出ています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。