生活習慣病についてカテゴリの記事一覧

生活習慣病とは

よく生活習慣病という言葉を耳にしますがいったいどんな病気のことでしょうか?

生活習慣病とは、普段の良くない生活習慣(食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒、栄養不足等)の積み重ねによって、発病や進行に深くかかわって引き起こされる病気を指します。
子供の頃からの悪い生活習慣の蓄積によって起こることがわかり、もちろん生活習慣以外の遺伝的あるいは環境的な要因も関わりますが、原因となる悪い生活習慣を改善することによって発症、 進行を防ぐあるいは遅らせることが出来ます。

日本人の全死亡者のうち約60%が3大生活習慣病で亡くなっています。
1位のガンは、大腸ガンや肺ガンなど、生活習慣病とされます。
第2位の脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)、
3位の心疾患(心筋梗塞など)はいずれも生活習慣病です。

このほか、糖尿病、高血圧、高脂血症、通風、肺気腫、歯周病、アルコール性肝疾患などが、悪い生活習慣によって引き起こされることがわかっています。

生活習慣病予防には、まず自分の体や健康状態に関心をもち、理想的な生活習慣を保つ。そして身近な病気や健診についての知識を深めておくことが、とても大切になります。

ここで生活習慣病の知識を深めていただいて、これからの暮らしに役たっていただければ幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。