脳梗塞の改善・食事療法

脳梗塞の改善・食事療法は

・青魚を多めに食べましょう。肉は少なめに(しかし、食べないとだめです)。

・魚介類(特に背の青い魚・・さばいわし、さんま、かつお、さば、 はまち・・・)と植物性のたんぱく質(大豆など)を多く摂る。
 背の青い魚にはEPA(エイコサペンタエンサン)DHA(ドコサペンタエンサン)と言う中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させ、血栓が出来にくくする 成分が沢山含まれ、動脈硬化の予防の大きな働きをします。
なお、牛・豚等の脂身、各種レバー、卵黄、スナック菓子、即席めんの汁、バター、チーズ、生クリーム、アイスクリーム、チョコレート、糖分の多い、甘い果物
などはコレステロール値や中性脂肪値を上げる食物 ですから控え目にしましょう。

・ 野菜、大豆製品、イモ類、果物、海藻類など食物繊維、抗酸化物質(濃い色素もの等)を多く含む食品を多くとる。

・ 過食を止め、特に糖分の多いものを控える。

・ 油脂類は少なめにし、常温で液状の油(菜種油、オリーブ油、紫蘇油・・・)は少しは良いが、動物の脂肪は極力避けましょう。

・ 有酸素運動(ウオーキング、エアロバイク、水中歩行など)30〜60分程度の有酸素運動を週3回以上行い継続しましょう。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。