脳梗塞とは

脳梗塞とは、脳の細動脈に血栓、凝固塊、脂肪塊、石灰片、腫瘍塊などが詰まって血流を止めてしまうため、脳細胞が死亡(壊死)する病気です。
脳梗塞には脳血栓と脳塞栓の2通りがあります。

脳に血液が行き渡らなくなる原因の多く(約70%)は、広い意味の「動脈硬化」です。
動脈硬化が原因となる脳梗塞は、細い動脈が原因となる「ラクナ梗塞」と、大きな血管が詰まってしまう「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓症」の3つに分けられます。

脳梗塞の症状としては、半身不随、半身麻痺、しびれ、感覚の低下、手足の運動障害、意識障害、言語障害、昏睡などがみられます。
脳血栓では症状が数日かけてゆっくり出現することが多いのに対し、脳塞栓では突然、意識障害がでてきます。

脳梗塞
には30、40代の働き盛りにも起きます。
特に、糖尿病や高血圧症の人は注意する必要がありますね。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65894311

この記事へのトラックバック

アテローム の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: アテロームに関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2007-11-13 08:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。