高脂血症の改善する運動療法

高脂血症の改善・運動療法は、肥満ぎみの人は、食事によるカロリー制限だけでなく、有酸素運動を中心に、1日に30〜60分,1週間に3回以上続けることが重要です。

動脈硬化が引き起こす疾患(脳梗塞や心筋梗塞など)の危険性が高くなく、運動しても問題がないと医師に判断された場合、積極的に体を動かしましょう。

適度な運動は中性脂肪を減らし、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす作用があるので、ウォーキング、エアロバイクなど有酸素運動を初めて、20分後から内臓脂肪の燃焼が始まりますので1日30分以上は行う。
毎日、あるいは週3回以上くらいは続けることが必要ですね。

有酸素運動とは運動は、
エネルギーを上手に消費するためと、全身の血行をよくするために行うので、激しいスポーツのような、ハードな運動をする必要はありません。
酸素をたくさん消費しながら行う、いわゆる有酸素運動が効果的です。楽しく、自分に合った、長く続けられる運動を選ぶことが重要です。

有酸素運動には
ウォーキング、水中ウォーキング、軽いジョッキング、サイクリング、エアロバイク、クロスカントリースキー、遠泳・ゆっくりの水泳、など

運動の注意点は
健康のための運動ですから、無理して体調をくずしたら逆効果ですよ。
次の点に注意して体調に合わせて柔軟にやったり中止したりしましょう。
1.体調や天気などの状況を総合的に考え、条件が悪いときには休むこと。
2.軽い柔軟体操やストレッチによるウォーミングアップとクーリングダウンを忘れずに実行しましょう。
3.たっぷり汗をかいた時、要注意! お茶やスポーツドリンク入りボトルなどを携帯し水分補給は十分にとりましょう。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65507627

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。