高脂血症の原因

高脂血症の原因に、運動不足、食事からのカロリーのとりすぎ、遺伝による家族性高脂血症などが原因にあげられます。

高脂血症の主な原因は生活習慣にあり、食事では食過ぎによるカロリーオーバー、野菜不足による食物繊維不足、よく噛まないで食べる、食事時間が短い・不規則な食事時間などです。

また、ストレスがかかると交感神経を刺激して血管を収縮させ、血圧が上がります。
また、体内でカテコールアミン等の物質がたくさん作られ、コレステロール濃度や血糖値が高まります。ストレスはため込まず、早め早めに解消することが大切です。

高脂血症の原因の一つに、遺伝的に血液中のコレステロールを取り除くしくみがうまく働かなくなる家族性高脂血症です。
これは遺伝する病気で、両親の片方からだけでもこの病気の遺伝子を受けつぐと、子どももこの病気にかかります。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65501542

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。